PRESS RELEASEプレスリリース

2024 アジアロードレース選手権 第3戦モビリティリゾートもてぎ レースレポート

2024.06.11(火) posted at 11:30
メイン画像
main

アジアロードレース選手権第3戦モビリティリゾートもてぎ

 

【AP250/ASB1000 レースレポート】

開催日  :  6月8 ~ 9日    天候  :  晴れ時々曇り

コースコンディション  :  ドライ    2日間の総観客数  :  5,600人

 

モビリティリゾートもてぎで今回初の開催となったアジアロードレース選手権(ARRC)は、SDGがタイトルスポンサーとなった。
6月8日(土)は全クラスの公式予選と決勝レースが開催された。AP250のアルフォンシ・ダクイガン選手(SDG Team HARC-PRO. Honda Ph.)は公式予選で13番手、決勝レース1は一時は8番手まで浮上したが10位でチェッカーを受けた。ASB1000の國井勇輝選手(SDG Team HARC-PRO. Honda Ph.)は公式予選では1分49秒444のトップタイムを記録して、ARRCでの初めてポールポジションを獲得した。決勝レース1はオープニングラップを4番手で通過し、追い上げを目指す2ラップ目の5コーナー進入で他車と接触。その接触が原因でマシンからオイル漏れが発生し、マシンを止めてリタイアでレース1を終えた。

 

6月9日(日)は全クラスのウォームアップ走行と決勝レース2が開催。AP250のアルフォンシ選手はスタートから目標であったトップグループに加るも、9ラップ目のS字コーナーでライバルとのバトル中にコースアウトを喫して、リタイアでレースを終えた。
ASB1000のレース1でダメージを負ったマシンでは戦えないため、チームは深夜までスペアマシンで戦う準備を進めた。ウォームアップ走行で、國井選手はスペアマシンをチェックしながらトップタイムを記録。戦える準備を整えた。迎えたレース2、ホールショットはライバルに奪われるものの、すぐにトップを奪いラップを重ねる毎に2番手以降を突き放し独走。ARRCでの嬉しい初優勝を遂げた。

次戦はインドネシア・マンダリカサーキットで、7月26日に開幕予定。

 

 

bike
boat01
bike
boat01

 

-  AP250  -

bike bike

#51  SDG Team HARC-PRO. Honda Ph.

アルフォンシ・ダクイガン

予選  :  13位
決勝レース1  :  10位 & レース2  :  リタイヤ

 

-  ASB1000  -

bike bike

#92  SDG Team HARC-PRO. Honda Ph.

國井 勇輝

予選  :  1位
決勝レース1  :  リタイヤ & レース2  :  1位

» PDFはこちら

 

以上